世界で唯一高速負荷試験・可変速試験に成功している


50 kW級全超伝導モータ (JST-ALCAプロジェクト)

電力パケット電力配送装置(引原隆士 研究室)を用いた永久磁石補助スイッチトリラクタンスモータ(PM-SRM)によるゴルフカート駆動試験系 (JST-OPERAプロジェクト)

トップページ

ようこそ
 当研究室では,低炭素社会を実現するための先端電気機器システムに関する研究を行っています.回転座標系の電磁現象を第一原理に立ち戻って検討し,電気-機械エネルギー変換過程の一般的表現法の確立に挑戦します.また,回転機,バッテリー,インバータ,負荷,および冷却系をインピーダンスとして統一的に扱い,そのマルチフィジックスの動的整合からシステム構成を考えます.具体的応用としては,電気自動車を中心とする輸送機器,産業用機器,分散電源など多様に検討しています.

(研究メンバー募集)
一緒に研究して頂ける方を募集しています.ポスドク,学生さん他,お気軽にご連絡下さい.特に超伝導回転機に関しては,世界トップクラスの研究を保証します.ご希望がありましたら,研究室見学も歓迎です.なお,当研究室は大学院からの受け入れになります.

(超伝導回転機に関する当研究室の位置づけ)
 当研究室では,成熟した超伝導回転機設計・試作技術を有しております.回転子超伝導モータならば100 kW超級機まで,全超伝導機でも数十kW級機までは,設計・試作・負荷回転試験まで実施可能です.特に全超伝導機については,世界的にも未だ負荷試験成功例は希少(1~2例)ですが,当方Grでは比較的容易に実現できます.さらに,これからMW級機の開発にも取り組んで行きます.ご興味をお持ちの皆様におかれましては,お気軽にご連絡下さい.なお,本研究は本学オープンイノベーション機構の支援を受けています.

(連絡先: tnakamura.ofc(ア)mail2.adm.kyoto-u.ac.jp)
※(ア)を@に変更ください)

(「低温工学」の研究室紹介記事)

ニュース

2023年08月29日~9月9日
The 13th International Workshop on Processing and Applications of Superconducting (RE)BCO Materials (PASREG 2023; Caen Normandy University, Caen, France)において,高温超伝導誘導同期モータの液体水素応用に関して中村が招待講演を行いました.また,16th European Conference on Applied Superconductivity (EUCAS2023, Palazzo della Cultura e dei Congressi, Bologna, Italy)において,山本・中村がOral講演を行いました.
2023年08月02日
安武紀子さんが,新しく事務補佐員として着任されました。よろしくお願いいたします.今後,当研究室は秘書3名体制で運営していきます.
2023年06月09日
NEDO事業「競争的な水素サプライチェーン構築に向けた技術開発事業」2023年度第2回公募において,(株)酉島製作所様の提案「大流量・高圧・高効率な液化水素昇圧ポンプの開発」が採択され,当研究室の高温超伝導誘導同期モータを使用したサプライチェーン向ポンプの研究開発を行うことになりました.超伝導モータとして世界初の実用化を目指した研究を行って参ります.
2023年05月27-28日
富士スピードウェイ(静岡県小山町)にて開催された「ENEOS スーパー耐久シリーズ 2023 第 2 戦 NAPAC 富士 SUPER TEC24 時間レース」のトヨタ自動車様のピットにおいて,メディア・関連企業・政府関係者向けに,当研究室がイムラ・ジャパン(株)様と共に開発した20 kW 級高温超伝導誘導同期モータのデモ試験を行い,液体水素タンク搭載水素エンジンへの適用可能性についてプレゼンテーションを行いました.その内容の一部は,Motor-Fanで取り上げられました.
2023年05月05日
8th International Conference on Superconductivity and Magnetism (ICSM2023; Fethiye-Oludeniz, Turkey, May 4-11, 2023)において,高温超伝導誘導同期モータの駆動制御技術に関して中村が招待講演を行いました.
» 続きを読む