世界で唯一高速負荷試験・可変速試験に成功している

50 kW級全超伝導モータ(JST-ALCAプロジェクト)

華道家の竹村友華さん (元 事務補佐員)の作品.

トップページ

ようこそ
 当研究室では,低炭素社会を実現するための先端電気機器システムに関する研究を行っています.回転座標系の電磁現象を第一原理に立ち戻って検討し,電気-機械エネルギー変換過程の一般的表現法の確立に挑戦します.また,回転機,バッテリー,インバータ,負荷,および冷却系をインピーダンスとして統一的に扱い,そのマルチフィジックスの動的整合からシステム構成を考えます.具体的応用としては,電気自動車を中心とする輸送機器,産業用機器,分散電源など多様に検討しています.

(研究メンバー募集)
一緒に研究して頂ける方を募集しています.ポスドク,学生さん他,お気軽にご連絡下さい.特に超伝導回転機に関しては,世界トップクラスの研究を保証します.ご希望がありましたら,研究室見学も歓迎です.なお,当研究室は大学院からの受け入れになります.

(超伝導回転機に関する当研究室の位置づけ)
 当研究室では,ある程度成熟した超伝導回転機設計・試作技術を有しております.回転子超伝導モータならば100 kW級機まで,全超伝導機でも十kW級機までは,設計・試作・負荷回転試験まで実施可能です.特に全超伝導機については,世界的にも未だ負荷試験成功例は希少(1~2例)ですが,当方Grでは比較的容易に実現できます.さらに,これからMW級機の開発にも取り組んで行きます.ご興味をお持ちの皆様におかれましては,お気軽にご連絡下さい.

(連絡先: tnakamura.ofc(ア)mail2.adm.kyoto-u.ac.jp)
※(ア)を@に変更ください)

(「低温工学」の研究室紹介記事)

ニュース

2021年10月1日
電気工学専攻・引原研究室の持山志宇先生と共に進めている,電力パケット制御方式永久磁石補助スイッチトリラクタンスモータを搭載したゴルフカートの走行実証試験の取り組みについて,本学桂図書館の桂の庭 (SEED 38)で取り上げられました. 
2021年09月28日
5年前から構想していて,人出不足で中々進まなかった回転機の線電流・自己組織化設計法について,ようやく基礎理論が完成して特許出願を完了しました.    (発案者・理論検討: 中村,解析担当: 木戸勇志)
2021年08月31日
短期契約でご尽力頂いた濵﨑恭子さんが満期退職されました.これまで大変お世話になりました.益々のご発展をお祈り致しております.
2021年06月15日
希土類系永久磁石の渦電流損失低減に関する環境省プロジェクトに参画することになりました.
2021年06月01日
イムラ・ジャパン(株)と共同開発した50 kW級高温超伝導誘導同期モータについて,専用に開発した断熱クライオスタットによる負荷回転試験を実施しました.その結果,60 kWを超える過負荷出力の確認と共に,機械損を含んでいるにもかかわらず99.4%の最高効率の実験的実証に初めて成功しました.             (実験担当者: 中村,解析担当者:松木,実験準備:小笠,松浦)
» 続きを読む